FC2ブログ

和菓子のアン

06-27,2013



きのうは1日雨でしたが、今日は7月並みの気温になるとか。

最高気温が30度くらいかな。 空梅雨と言われた時にそれくらい暑い日が続いたから、

テレビでそんな事を聴いても、特に驚かなくなりました・・・・・



さて、先日読み終えた本。


和菓子が好きじゃないけど、本屋さんで目について面白そうだったので買いました。


和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)
(2012/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る


高校を卒業して、特にやりたい事もない女の子が、食べるのは好きだからとデパ地下の和菓子店で

働くお話。


和菓子に秘められたメッセージで、謎を解いていくお話です。


和菓子って奥が深いですねー。

京都と言えば”和菓子”って連想する人もたくさんいるだろうし、京都に住んでて和菓子の事を

あまり知らないのも恥ずかしいかな・・・なんて思いました。


和菓子は歴史が古いし、どんな想いで作られたのか、いつの時期に食べられるのか、

そういう背景を知って食べたら面白いのかも。



すこーしだけ和菓子に興味がわいてきました(笑)


伝統ある和菓子屋さんてなんとなく入りづらいから、そういう人はデパ地下へgo!ですよね。

この本はデパートの裏側も少しかかれてあって、そういうのも面白かったです。






今は、大好きな梨木香歩さんの本を久しぶりに読んでます。 ほっこり。






最近暑いので自宅におを飾ることがなくなったんだけど、この前のたこパの時に久しぶりに飾りました。


近所の初めて入るお屋さんにて、京かのこを購入。 

DSC_1904.jpg


ピンク色のつぶつぶがかわいいお。 とっても鮮やかなピンク色が目について。

他のがなくても、このおだけで十分存在感があるので、これを2本だけ瓶に。





こういう季節のお花、和のお花を置いてるお店は、私の中でポイント高いです。

お花に詳しいお花屋さんなので。こういうお花屋さんにはたいてい枝物も置いてると思います。



枝物を扱えてこそ本当のお花屋さんだと、そのすじの人から聞いたことがあって、

色んなお花屋さんでお花を買うけれども、お店によって特徴を知れると面白いです。


スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する